50円を握りしめてきた男に対し、バーガーキングの店員が取った行動がすごい!

 

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -

昨今の不穏な世界情勢や残虐な事件を見ていると、どんなに真面目に良く生きようとしていても、不運や不幸は誰にでも起こり得る、という残酷な事実を突きつけられる。

だからこそわたしたちは、どんな時でも相手の立場になって物事を考え、助け合いの精神を持つことが大事だ。当たり前のことだが、忙しい毎日に追われて、つい自分のことでいっぱいいっぱいになって忘れてしまうこともある。

今日はそんな大事なことを思い出させてくれる心温まる話を紹介したい。

アメリカに住むミシェル・リゼンデさんは、フェイスブックにある出来事を書き込んだ。

ある日、息子のマシューが働くファーストフード店、バーガーキングにホームレスの男がやってきた。彼は手に50セント(日本円で約50円)しか握っていなかった。

ホームレスの男がマシューに、このお金で買えるものはないか、と聞いた時、マシューの心に何かが芽生えた。
マシューは、自分のデビットカードを使い、男に食事を奢ってあげたのだ。ミシェルはこのことを、「母として誇らしい瞬間」と書いている。

しかし、話はここでは終わらない。

マシューのこの行動に対し、ある人が彼に別の親切を授けたのだ。“pay it forward”「親切を繋ぐ」精神を大事にするアメリカ人らしい行動だ。もちろん、マシューの取った行動は善意から起こったもので、何か見返りを期待していたわけでも、ご褒美をもらえるのを目的にしていたわけではない。

この感動ストーリーを以下に詳しく紹介したい。

過酷なホームレスの実情

l1

アメリカの調査機関によると、現在アメリカでは確認出来ているだけで 600,000人のホームレスがいるという。そのうちの42%は身体に障害を持っていて働くことが出来ず、22%は子供で14%は高齢者だという。

これはあるホームレスの男の話

2

寄付をお願いするホームレスの男の前を多くの人が通り過ぎる。理由は様々。自分は無関係だと思っている人、急いでいる人、お金をあげても違法ドラッグや酒に使われてしまうと決めつけている人。そんな中、男は50セントだけ手に入れる。

ホームレスの男は50セントを握りしめてバーガーキングに行くことにした

3

知っている人も多いと思うが、バーガーキングはお手頃な価格で食事を提供してくれるファーストフード店として有名だ。バリューセットやその他お得なメニューが多数そろっている。

彼は注文をする前にメニュー表を眺めていた

4

みなさんお分かりかと思うが、残念ながらバーガーキングには50セントで買えるものはなかった。しかし、ホームレスの男はお腹がとっても空いていた。彼は一か八かで店員さんに、「50セントで食べられるものはないか」と聞いた。その店員さんがマシューだった。

マシューはある決心をした

5

母のミシェルさんがフェイスブックに投稿した記事によると、「マシューはホームレスの男に自分のデビットカードを使って、バーガーセットを奢ってあげたのだ。

更にマシューは男に店内で席を見つけて座るよう伝えた

6

ホームレスの人は多くの場合、様々な理由をつけられ、店内で食事をすることを拒まれる。しかし、マシューは男に店内の席に座って食べるよう伝えたのだ。

しばらくして、ホームレスの男は空腹を満たすことができた

7

男は空腹で倒れる寸前だった。何でもいいから食べ物を口にしたかった。マシューのおかげで彼は命を落とさずに済んだ。

しかし、それだけではない。ある人がマシューの一連の行動をずっと見ていたのだ

8

マシューを見ていたある女性は、マシューが人に与えた親切を彼自身にも返してあげたいと思ったのだ。そこで彼女は店のマネージャーを呼んで、マシューの一連の高評価な行動について伝えた。それから、なんとチップとして1万円を渡したのだ!

ミシェルは息子のことを誇りに思う

9

彼女はフェイスブックに、「女性はわざわざバーガーキングの本店にも手紙でマシューの立派な行動のことを報告してくれ、更にはチップをかなりはずんでくれたのよ。私は息子のことを本当に誇りに思うわ。こんな素晴らしい息子を育てた自分のことも褒めてあげたい!」と綴っている。

あなたならどうする?

lifebuzz-955c5d5410908053b3eb52d44f1c8673-limit_2000

マシューの稼ぎは決して多くはない。それでも彼はホームレスの男に食事を提供してあげた。そしたら自分にも思わぬ幸運が舞い込んできた。彼の優しい心が生んだ感動の実話。

前述した通り、不運や不幸は誰にでも起こり得る。問題は、他人がそのような状況に陥っているのを目撃した時に、自分がどういう風に考え、その人に対してどういった行動を取れるかだ。善意の大小は問わない。もちろん自分に余裕がある時しか出来ないこともある。

この記事を読んで少しでも何か感じたならば、ぜひそのことを友達や家族にシェアしてほしい。

 

(参照:Homeless Man Asks Cashier ‘What Can I Get For $0.50?’ His Answer Wrecked Me
 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ナッパとごはん , 2016 All Rights Reserved.