Brown or White どちらがお好き?

 

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -

白米より玄米、白砂糖より黒砂糖・・・・。

「白色の食べ物より黒色(茶色)の食べ物のほうが健康に良い」という話をどこかで耳にした方も多いことでしょう。

そういえば、私たちにとって身近な食品である卵にも、白いのと茶色いのがありますよね?(最近では桜色とか緑色の卵まであるようです 🙄 )

一般的に茶色い卵のほうが白い卵に比べてお値段が高めですが、実は両者には栄養素的にはまったく差がありません!

では、いったいどうして茶色の卵のほうが高く売られているのでしょうか?

そして、そもそも色の違いはどこからきているのでしょうか?

今日は知られざる卵の秘密をご紹介します。

 

卵の色を決める要因はニワトリの○○!!

○○の中にはどんな言葉が入ると思われますか?

「羽毛の色?」と推理された方は・・・かなり惜しいです。

ニワトリのある部分の色が関係しているのですが、その部分とは「耳たぶ」です。「ニワトリに耳たぶなんてあるの?!」と驚く方もいらっしゃるかもしれませんが、ちゃんとあるんです。写真でご確認ください。

 

鶏の耳

ここの耳たぶの色が白色または淡い色のニワトリは白い卵を、濃い赤色のニワトリは茶色い卵を産みます。

 

値段の高さは栄養の高さではない

「そんなこと言っても、実際に茶色の卵のほうが美味しいよ」と感じている方もいるでしょう。実は、卵の味を決めているのは殻の色ではなく、ニワトリに与えられているエサなのです。

質の良いエサを与えれば卵の味は良くなります。白い耳たぶと赤い耳たぶの両方のニワトリに同じ高品質のエサを与えれば、味は同じくらい良くなります。

ただし、赤い耳たぶを持つニワトリは品種的に体格が大きくなる傾向にあります。そのためエサをたくさん食べるので、同じ品質のエサでも多く食べた分だけ味が良くなると思われます。同時にエサ代がかさんでしまうので茶色い卵の値段が高くなってしまうのです。

 

tama

 

卵の秘密、いかがでしたか?

殻の色に関係なく、卵は手軽で優秀な健康食品です。卵一個はわずか75カロリーほどですが、その中には質の良いたんぱく質が7グラム、脂肪5グラム、飽和脂肪酸を含む脂肪1.6グラム、そのほか鉄分、ビタミン類、ミネラルを含んでいます。特に黄身の部分には必須脂肪酸やビタミンA,E,D,K、さらにカルシウムや鉄分、葉酸が含まれていることが知られています。

少し前までは食べ過ぎるとコレステロール値を上げると言われていましたが、今ではその様な説は訂正されています。

白か茶色かはその日の気分で、毎日の食生活に上手に卵を取り入れましょう!

参照記事:Brown Eggs vs. White Eggs

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ナッパとごはん , 2016 All Rights Reserved.