”ダイエット”の言葉に潜む甘~い罠

 

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -

暑い季節に飲みたくなるのが炭酸飲料ですが、商品名に”ダイエット” という言葉がついた炭酸飲料を最近はとても多く見かけます。

低カロリーまたはカロリーゼロで、砂糖入りのソフトドリンクを飲むより健康的だと思われがちですが、ちょっと待ってください!!

確かにカロリー摂取量は抑えられますが、「だから体に良い」とは言い切れないのです。

「化学薬品のカクテル」とも呼べるくらい、危険なダイエット飲料に潜む真実をご紹介します。

 

栄養価が低い

ダイエットソーダを飲むということは「カロリー摂取量をカットしている」のと同時に「体に必要な栄養素の摂取量までもカットしている」ということを意味します。では、体に良いゼロカロリー飲料とは何でしょうか?

 

water-bottle-pouring

そうです、「水」です。

 

水は私たちの体内組織のバランスを適切に保ち、心と体を良い状態に保ってくれています。私たちの体の働きの多くには「水」が関わっています。その大事な水をダイエットソーダに置き換えてしまうと体は正常に機能しなくなってしまいます。

「どうしても炭酸飲料が飲みたい!」という時には炭酸水をおすすめします。

 

脳を騙す

人工甘味料は本物の砂糖に比べて強烈な甘みを持っています。

ダイエットソーダをはじめとする人工甘味料入りの製品を摂取し続けると、フルーツなどの自然の甘さを感じずらくなっていきます。

そればかりか、この「偽物の砂糖」は、私たちの体の中でまるで「本物の砂糖」と同じような働きをすることが分かっています。

脳は甘さを感じると血液中にインスリンを放出してブドウ糖を細胞内へ取り込もうとします。例えその甘さが「偽物の砂糖」のもので、血液中にブドウ糖は存在していなくても、脳は騙されて同じようにインスリンを放出してしまうのです。

2013年の研究によると、人工甘味料のスクラロースを摂取した場合、インスリンの放出と血糖値の上昇がみられました。この意味のないインスリンの放出を繰り返すうちにインスリンへの感受性が鈍くなり、やがては血糖値が下がりづらくなって2型糖尿病を発症するリスクが高くなると報告されています。Ask-The-Right-Questions-

 

体重の増加

ダイエットソーダはカロリーはゼロでも体重を減らすことには役立ちません!

テキサス大学の10年にわたる研究の結果によると、ダイエットソーダをよく飲む人は飲まない人に比べると、ウエスト周りが1.7倍大きいと報告されています。

砂糖を頻繁に摂取するとカロリーの高い食物への欲求が高まって、甘いモノをますます欲するようになります。偽物の砂糖に騙された脳は、ダイエットソーダを摂取した場合でも、このような欲求を私たちに感じさせます。

その結果、ダイエットソーダの常飲者は太りやすい傾向にあると言えます。

 

cat00606

 

骨への悪影響

炭酸飲料に含まれている成分は虫歯の原因になるだけでなく骨へも悪影響を与えます。骨からカルシウムを奪ってしまうのです。

大人の場合、これは骨粗しょう症を引き起こす要因にもなります。

この病気はある程度の年齢を重ねた人たちの中ではあまり珍しくありませんが、ダイエットソーダを含む炭酸飲料を飲んでいる場合には症状を深刻にする可能性があると研究者は述べています。

ソーダを常飲している人には、水を常飲している人に比べて骨密度の低下と骨から溶け出すカルシウム量の増加がみられると報告されています。

 

41jmYmMpAuL._SY300_

 

いかがでしたか?

”ダイエット”という言葉には、「体に悪いことをしている」という私たちの罪悪感を薄めてくれる ”免罪符”のような響きがあります。

でもそのことで、かえって自分自身の体を痛めつけているかもしれないとしたら・・・?

人工のものがすべて悪いわけではありませんが、自然の一部である私たちは先ずは自然のものに目をむけるのが「自然」です。

安易にイメージに飛びついてしまうことが一番危険なのかもしれません。

参照記事:Four Important Reasons to Cut Diet Soda

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ナッパとごはん , 2016 All Rights Reserved.