小さな男の子の大きな心 〜みんなが笑顔になるように!〜

 

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -

5歳の誕生日を祝ってもらったばかりのネイサンくん。

ある日、お母さんのジュリーさんが「ご両親のいない子供たちもいるのよ」と話したところ・・・

 

ネイサンくんは、そんな子供たちに『自分がもらったプレゼントを上げる!』と言い出した。

ネイサンくんは早速プレゼントの中からミニカー、人形、プラスチックの恐竜、ゴム製のホッパーなどを次々に選び出し、さらにトイザらスなどで50ポンド分のおもちゃを買い足して、ジュリーさんはバーナード寄付センターにそれらを寄付した。

スクリーンショット 2016-08-23 2.13.25

 

27歳の母親ジュリーさんは、こう話す。

『ある晩、あの子は私に、僕が持ってるものを持っていない子供たちもいるの?って聞いてきたの。だから、パパやママと一緒に暮らせないで大きくなる子達もいるのよって話したら彼はとっても動揺して、そういう子達に何かしてあげたいって言い出したの。』

『かわいそうな子供たちのために自分にも出来ることがある!って分かって嬉しそうだったわ』

 

ネイサンくんはスコットランドのエジンバラにいる両親のいない子供たちに自分のおもちゃを上げたいと思い、ジュリーさんが知る孤児施設運営のバーナード社にコンタクトを取った。

その会社は現在では孤児施設の運営は行っていなかったが、エジンバラの子供や若者の家族支援サポートを行っている。

スクリーンショット 2016-08-23 2.13.07

バーナード社のアシスタントディレクターは、この若き寄付者に心から感謝し、こう語った。

『ネイサンくんが他の子供のために自分のプレゼントを手放したことは本当に素晴らしい行為です。ネイサンくんの寄付は子供達が必要な援助の手から見放されていないことを確信し、私たちの活動を続けていく励みになりました。』

 

ジュリーさんはこの出来事を自身のフェイスブックに投稿し、彼女の職場の同僚やママ友達もネイサンくんの広い心と優しさにとても感銘を受けたそうだ。

 

物欲に溺れるばかりの現代社会、我々大人もネイサンくんを見習ったほうが良さそうだ・・・。

 

引用元  METRO

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ナッパとごはん , 2016 All Rights Reserved.