他人の家に入ろうとした酔っ払いの「ごめんなさい」のキモチ!

 

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -

パブでお酒を呑み、いい~気分で帰り道についた男。

だいぶ酔っ払っていたようで・・・・。

 

朝7:30、アンナ・ディロンさんの年老いた義理の母は、愛犬たちの鳴き声で目を覚ました。

彼女が窓を見ると・・・そこにはニョッキリと誰かの手が伸びていて、窓を開けようとしていた!そのあとも、玄関や裏口も開けようとする物音が彼女を震え上がらせた。

防犯カメラをつけていたので、ディロンさんはそのビデオからキャプチャして何枚かの証拠写真を撮りオンラインに投稿し、ご近所にも注意を呼びかけた。

スクリーンショット 2016-09-02 2.11.53

 

ところが、事態は思わぬ結末へと向かう・・・

 

誰かが彼女の家のドアから「酔っ払って、自分の家と間違えちゃって、入ろうとしちゃいました。。。ごめんなさいもうしません!」という内容の、謝罪のお手紙を投げ入れてきたのだ!

(だいぶ汚い字で書かれているのでまだ酔っ払っているのかもしれ無いが・・・)

Mum Anna Dillon, 48, from Drumsagard, Lanarkshire, received an apologetic card from a man who tried to break into house while on a night out. August 31, 2016.   See Centre Press story CPLETTER; An embarrassed drunk who tried to break into a woman's house thinking it was his own has written a grovelling letter of apology saying: ìI hope you can find it in your heart to forgive me." Furious businesswoman Anna Dillon captured images of the man trying to get into her detached house in Glasgow on her home CCTV system at 7.30am on Sunday morning. Assuming the man was a burglar, she posted a CCTV picture of him on social media with a description of what he was wearing and urged neighbours to keep a look-out for him. Mrs Dillon, 48, was away on a trip to London but her elderly mother-in-law, who was in the house at the time, was woken by dogs barking and saw a hand at the window as the man tried to prise it open.

『最初の衝撃的な気分を考えれば、かなり素敵な結末と言えると思うわ。でも見知らぬ誰かが自分の家に入りこもうとしたって事実は、ゾッとするわね』

ディロンさんはこう続ける。

『お義母さんはコトの次第がわかってホッとしたみたいで良かったわ。彼女は70歳すぎてるし、お義父さんは80代ですもの。』

 

ディロンさんは、手紙の主に「警察へ行って事情説明をしたほうがいいわよ」とSNSで促した。

 

美味しいお酒は飲んでも飲まれるな!

よそ様のご迷惑にならないよう、真っ直ぐ自宅へ帰りましょうね!

 

引用元 METRO

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ナッパとごはん , 2016 All Rights Reserved.