2016/10/15

メキシコ沿岸で巨大生物を発見?! 〜グーグル・アースに写った謎の物体〜

 

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -

この巨大なクモ(?)、UFO Sighting Dailyという陰謀論サイトで、【メキシコおたく】という名のユーチューバーが上げたグーグルアースの拡大画像から見つけたらしい。

 

 

画像からすると、確かに蜘蛛のようなものに見えるが足は8本ではなく9本だ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-14-2-14-34

この巨大な物体を発見したサイトの創設者スコット・ウェアリング氏は

「このクモは人間を丸呑みできるほどのデカさ」だと推測した。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-14-2-09-38

だがビデオには正確な座標も示されていなかったため、多くの陰謀論者たちから『やらせ以外の何物でもない。デマだ』と非難された。

通常、UFOハンターたちがグーグルアースで何かを見つけてオンラインに投稿する場合、誰もがそれを見つけて議論できるよう、それを見つけた位置の座標がきちんと書かれているものだ。

正直言って、これは単なる【パレイドリア】(実在しないがそう見えるという現象)の典型的なケースなのかもしれない。人間の脳は、見たことのあるものをパターン化して関連づける習性があるからだ。

UFOハンターたちが火星の表面にイエスキリストの顔があるとか言い出したのはこの現象のせいだと言われている。つまり、『そう言われりゃ、そう見える』

そうと知っても、こういった陰謀論や不思議発見系の話題は事欠かず、やっぱり魅力的なのだ。

引用元 Huffington Post

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ナッパとごはん , 2016 All Rights Reserved.