8億円以上の値がついた才能あふれる贋作 

 

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -

オランダ人の画家フランス・ハルスによって描かれたと言われる【An Unknown Man 《知られざる男》】と名付けられた油絵が、2011年に莫大な額で競売にかけられ、およそ8億5000万円で落札された。

だがこの絵、実際はアート界の名もなき犯罪者と呼ばれているモリアーティのオールドマスターという男に描かれたものだと判明した。

絵を販売したオークションハウス【サザビーズ】は、鑑定の結果が出た後購入者に全額を返金した

Awkward moment when painting that sold for £8m turned out to be fake pic: 'David Contemplating the Head of Goliath' by Orazio Gentileschi. No credit required

関連する他の作品の偽造との共通点などが発見されフランス当局によって押収されたあと、その絵が贋作である可能性が浮上し、最新科学技術での鑑定が行われた。

鑑定結果は、これは17世紀ではあり得ない現代的な素材を使用して描かれているという結果を示し、モリアーティの精巧な贋作がいくつも出回った可能性があると報告された。

この才能ある贋作者の作品は今年3月までイタリアのオラツィオ・ジェンティレスキの作品としてナショナル・ギャラリーでも展示されていたが、作品の真贋を怪しんだスタッフが所有者に返却した。

2011年のオークション販売時に誰も贋作と気づかず8億円以上もの値で落札され、さらにそこから5年後の今年2016年まで誰も気づかなかったほど精巧な贋作ならば、もはや別の価値があるのではないかと思える珍事件だ。

引用元 METRO

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ナッパとごはん , 2016 All Rights Reserved.