信じられない!裏庭に現れた2匹の動物

 

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -

人間の場合、一緒に食事をして仲が深まる、ということはよくあると思う。
古いことわざにも、「同じ釜の飯を食う」とあるぐらいだ。

しかし、動物の場合はちょっと違う。

動物にとって、食糧を獲得するのは命がけのこと。狩猟本能というのがDNAに根強く備わっているぐらいだ。このエサを逃したら自分は死んでしまう、と思ったら当然の行動なのかもしれない。

そんな「弱肉強食」の世界で、「同じ釜の飯を食う」ことで親睦が深まることなんて、ほぼありえないだろう。

イギリスに住む、スー・メイシーさんは、自然と動物が大好きな主婦。
彼女は、時々裏庭を訪れてくる野生動物を見るのが好きだったため、ボウルに食べ物やお水を入れて、庭先に置いておくようにしていた。

しかし、ある日、彼女は信じられない光景を目にした。

それは、食物連鎖のピラミッドを考えると、共存がありえないはずの2匹の動物が、仲良く同じ場所にいたからだ。

その動物とは、キツネとハリネズミ。

lifebuzz-f375788588434f65559255db1d44d1c9-limit_2000

食事を求めて、メイシーさんの裏庭に現れた1匹のハリネズミ。

どうやら食べるのに夢中で、キツネが来たことに最初は気づいていない模様。

lifebuzz-1653aad5c565ba733ae63bafdbc9f99b-limit_2000

その後、気づいたようだったが、逃げる素振りを見せないどころか、驚いたり慌てふためいたり様子も一切なく、ただ淡々と食事をし続けていた。同様に、キツネもハリネズミに敵対心を見せることなく、ただ、ボウルに入っている餌を求めているようだった。

lifebuzz-3d6a5a5d2dc52408302ab4dc6915dd89-limit_2000

「窓から庭を覗いていると、キツネやハリネズミが来ていることはこれまでにもよくあったわ。ただ、同じタイミングでこの2匹が来るなんてことは絶対になかった。だから私がこれを見たときは本当にびっくりして、椅子から転げ落ちそうになったわ。」

「初めに来ていたのは、ハリネズミの方。それから少したってキツネが来たんだけど、キツネから敵意は一切感じられなかったわ。それにハリネズミからも驚いた様子は全く見られなかったの。」

「ただ、キツネが来た時点では、既にボウルの中のエサはほとんど残っていなかったのよ。それをキツネもわかって、少しウロウロしたあと帰っていったわ。キツネはもう少し早く来るべきだったわね(笑)。」

と話す、メイシーさん。

弱肉強食の動物の世界でこんなことがあるなんて!!!・・・にわかに信じがたいが、画像も動画も、編集・加工一切なし。事実として存在している。

動物の世界は、われわれ人間にわからないことがまだまだたくさんありそうだ。

動画は以下でチェック!!!

参照:(LifeBuzz

 

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ナッパとごはん , 2016 All Rights Reserved.