1. TOP
  2. イギリスで一番幽霊の多い州 シュロップシャーの心霊スポット10選!

イギリスで一番幽霊の多い州 シュロップシャーの心霊スポット10選!

超常現象・心霊・スピリチュアル
この記事は約 5 分で読めます。

ロンドンから北ウェールズのホリーヘッドをつなぐライン上にあるシュロップシャー州。

ここは幽霊話や怪談に事欠かない、血にまみれた歴史を持つ州なのだ。

イギリス国内では【ウチの州が一番幽霊が出てるぞ!】と公言する州がたくさんあるのだが、シュロップシャーは他のどの州より群を抜いてその根拠があると言えるだろう。

シュロップシャーには恐ろしいパブの怪談から不気味な城の話まで、数多くの怪談話がある。

 挙げ句の果てには市役所まで呪われているという!!

 

 

シュルーズベリー城

 スクリーンショット 2016-08-13 20.13.32

シュルーズベリー城は、12世紀の連続女性殺人鬼【ブラッディ・ジャック】という最も邪悪な霊が住みついていると噂されている。

いくつかの説はあるが、城のあちこちで幽霊を見たと言う人が後を絶たない。

 

モートンコベット城

 

スクリーンショット 2016-08-13 20.16.24

 この史跡は、ジェームズ1世の時代にもともとこの城の主で、のちにコルベット家によって追い出されたピューリタン(清教徒)の霊に呪われていると言われている。

追放された彼は近くの森に逃げ込んだ後、この一家を呪うためだけに再びこの城に戻って末代まで呪いをかけると宣言したと言われている。

その一家が呪いを恐れて住まなくなったために城は廃墟となった。

 

プリンスルパートホテル

スクリーンショット 2016-08-13 20.18.14

プリンスルパートホテルには、見えない住人が何人も住んでいるという噂がある。

スイートルームには結婚式前夜に首吊り自殺をした花嫁の霊が、また別の部屋には恋人に捨てられて自殺した若い男性の霊が出ると言われているのだ。

ホテルの利用客からは『誰もいないのに枕が動いた』とか『幽霊の写真を撮った』という報告が挙げられている。

 

ナグズヘッド

 

スクリーンショット 2016-08-13 20.21.11

ナグズヘッドのバーのホステスとして10年近く働いている女性は、数々のミステリアスな体験をしてきたと証言する。彼女によれば、ここで働いたほとんどの人かが何かしら奇妙な出来事を経験しているという。

真夜中にジュークボックスの電源が突如ONになったり、後ろを向いている間に家具が移動していたり、誰もいない倉庫で樽を転がす音が鳴り続けたり・・・

ナグズヘッドには、第二次世界大戦中に自分の休暇中にピストル自殺をした男の霊窓から飛び降り自殺を図って馬車に轢かれた女の霊、そして首吊り自殺をした御者の三人の霊がいると言われている。

ナグズヘッドの二階の戸棚には、その三人の霊が写っている写真が隠されていると言われており、その写真を見たものは1年以内に死ぬという伝説もあるのだ。

 

ウェムタウンホール

 

   スクリーンショット 2016-08-13 20.24.42   スクリーンショット 2016-08-13 20.26.03

1995年に火事で焼けおちてしまったウェムタウンホールという歴史ある市役所の建物の火災現場写真に、

炎に包まれて佇む女の子が写っているとして一躍話題になった。

地元の人たちは1677年に放火の罪に問われたジェーン・チャーンという女の子の霊に違いないと信じた。

 

ザ・ダンカウ

 

スクリーンショット 2016-08-13 20.29.14

シュルーズベリーにある別のパブ、【ダンカウ】は、1085年にロジャー・デ・モンゴメリによって建築されたイギリス最古の建物のひとつ

1990年代、当時の所有者は、まだ赤ちゃんだった娘のベッドを覗き込む僧侶の霊を見た。

その2年後、今度はその娘自身がが真夜中に僧侶の霊を見て、両親に大声で「怖い人がいる!」

と叫び驚かせたという。

他にも、ダンカウの常連客たちの中には壁を通り抜ける影のようなものを見たという人が多数存在する。

 

キナストンの洞窟

 

スクリーンショット 2016-08-13 20.31.51

ハンフリー・キナストンは、ベルゼバブという名の馬に乗って街を荒らす追い剥ぎ強盗だった。

地元の保安官はキナストンが逃げられないようにモンフォール橋の一部を取り去った。

だがベルゼバブはその途切れた橋を一飛びで越えて逃げたといわれ、その場所は現在ではキナストンズリープとして知られている。

キナストンと馬のベルゼバブはその後、ネスクリフの洞窟に住み着き部屋を作って暮らしたと言われる。

この洞窟では、静かな真夜中になるとベルゼバブの蹄の音が聞こえるという噂が絶えない。

 

コスフォード王立空軍博物館

 

スクリーンショット 2016-08-13 20.33.51

コスフォードに展示されているアブロリンカーン爆撃機には、飛行機事故で死んだパイロットの霊に呪われていると言われている。

1991年にこの話を調査したBBCの記者は、取材の機材にフライトの準備をするときに出るはずの音が録音されたといい、博物館のスタッフのなかには博物館が閉館した後、飛行機のなかで誰かが動いているのを目撃したと証言する者もいる。

 

イェオールド・パンチボール

 

スクリーンショット 2016-08-13 20.35.19

パンチボールでは多数の幽霊目撃情報がある。その多くは、この土地の以前の持ち主でいつもアイリッシュウルフハウンドを傍らに連れていたというハロルドという名の男の霊が建物の中をさまよっているというもので、ハロルドに殺された妻と幼い娘ジェシーも、このパブに出没すると言われている。

現在の家主は彼の息子が2歳のときにジェシーと話をしていたと言っているが・・・

 

ラドロー城

 

スクリーンショット 2016-08-13 20.37.36

この美しい場所は1138年に恋人に裏切られて死んだ マリオン・デ・ラ・ブルーレという女性の霊に取り憑かれていると噂されている。

マリオンは、恋人のアーノルドがこっそり彼女に会いに来られるように城の窓からロープを垂らしておくのを習慣としていた。だがある夜、アーノルドは城を乗っ取るため兵士たちを城内へ侵入させる手段としてそのロープを使ったのだ。

恋人の犯した裏切りに気づいたマリオンは、アーノルドの喉を彼の剣で掻き切り、その後すぐに自分も二人の愛の証であったロープを首にかけ、城の窓から身を投げて首を吊った

夕暮れ時にそっと城のたもとに座っていると、悲しげな顔で歩き回るマリオンの幽霊が現れるという噂だ。

 

背筋がひんやりするような海外の幽霊話も、暑い夏にはいいかも?

 

引用元  METRO

\ SNSでシェアしよう! /

ナッパとごはんの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ナッパとごはんの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事を読んでる人は『こんな記事』も読んでいます。

  • 【心霊写真】墓地を撮影したら、たまたま写りこんだ騎手の幽霊?!

  • 背後に忍び寄る黒い影 〜タクシー乗り場の幽霊〜

  • エクソシストが語る『悪魔に憑りつかれた人』と『ただの精神病』のちがい。

  • 人類滅亡の日が来る?! 〜地球終了といわれるそのワケ〜

  • 魔の海域 バミューダ・トライアングルの謎が解明されちゃった?

  • 【心霊現象】真夜中の恐怖・・・すり寄ってくるテディベア!