ナイフで刺された殺人ピエロ

 

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -

アメリカ、ヨーロッパ全土で流行中のブームが、ドイツにまで飛び火し、ついに傷害事件を引き起こしてしまった。

 

ベルリンの16歳の少年は殺人ピエロのコスチュームを身にまとい、友人グループを驚かすためにハンマーを持って道へ飛び出した。

だが、グループの中の14歳の少年が突然のピエロの出現に驚くあまりパニックとなり、ナイフでピエロを刺してしまったのだ。

顔につけていたマスクを引きはがした瞬間、それが友達だと分かり、イタズラでは済まない傷害事件へと発展してしまった。

救急車が到着するまでの間、14歳の少年は自分が刺してしまった友人の応急処置を行い、その後両親によって自宅へ引き取られた。

殺人ピエロに扮して刺されてしまった16歳の少年は病院に搬送されたが、現在の容態は不明。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-27-2-22-07

 

今週はハロウィンで仮装する人が増えるので、ピエロ仮装の人々も多く出回るのではないかと予想されるが、今年はあまりにもこの殺人ピエロ騒動が流行しすぎているため、人を怖がらせるためにピエロ仮装をしていた場合、逮捕する可能性もあるとドイツの警察官たちは警告している。

 

引用元 METRO

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ナッパとごはん , 2016 All Rights Reserved.