天気予報は、曇りのちナチスの亡霊?!

 

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -

BBCの天気予報が怖すぎる!!

と視聴者たちを怯えさせた理由は、予報中に流れた字幕が原因だった。

 

天気予報士のスー・チャールズが天気予報を伝えている最中に、画面の下に流れていた字幕がなんとも恐ろしい文面だったために、超自然的なナニかが起こるのではないかと視聴者たちを震え上がらせたのだが・・・

これは自動字幕生成システムのミスによるもの。

 

予報士のスーは、「North sea coast (ノースシーコースト:北海岸)」と発言したのだが、画面上に流れる字幕を作る自動字幕生成システムがそれを正しく聞き取って字幕化することができずに、[Nazi ghosts(ナチゴースト:ナチスの亡霊)]という言葉にしてしまったのだ。

【ナチスの亡霊、激しい雨が降る】という字幕を見た視聴者たちの中には、この恐ろしいフレーズに「黙示録の始まりの準備をするべきなのか?」と不安を感じた人々もいたようだ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-18-15-46-51

↑ ナチスの亡霊という字幕が画面下に流れていた

日本でも9月は大雨の被害がたくさん報告されているが、イギリスでも一部地域で大雨の被害が出ている。ナチスの亡霊は降ってこないものの、荒れた天気に注意が必要ではあるようだ。

それにしても、自動字幕生成システムの間違いとはいえ、天気予報で【ナチスの亡霊、雨が降る】は恐ろしすぎる(笑)

いったい何が降って来るんだ?!と震え上がるのも無理はない。

 

 

引用元 METRO

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ナッパとごはん , 2016 All Rights Reserved.