親切が仇となり・・・排水溝にハマった少年

 

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -

マレーシアのクアラルンプールで8歳の男の子が排水溝にハマってレスキュー隊に救出される騒動が起きた。

男の子は、友達がポケットから落とした1RM(マレーシア・リンギット)札(約25円)が排水溝のグリル上の蓋をすり抜けて落ちたのを拾ってあげようと、側溝に入ってしまったらしい。

もう少しでお金に手が届く!というところで男の子は自分が排水溝にぴったりハマってまったく身動きできなくなっていることに気がついた。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-2-56-25

 

 消防隊のレスキューが到着した時、男の子はパニック状態だったと消防隊員は語った。

最初は学校の職員が男の子を排水溝から引っ張り出そうとしたが歯が立たず、消防を呼んだのだという。レスキューの到着から数分後、側溝の蓋が外され男の子は無事に救出された。

 

 男の子は幸いなことに無傷だったが、お金を拾うのは失敗に終わったようだ。

 

友達のために良かれと思ってやったことだが、結果的には25円のために大騒ぎ

雨の日でなくて本当に良かった。

 

引用元 METRO

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ナッパとごはん , 2016 All Rights Reserved.