1. TOP
  2. 広告に密かに隠された7つのサブリミナル!

広告に密かに隠された7つのサブリミナル!

 2016/06/23 陰謀論
この記事は約 5 分で読めます。

広告マン、ジェームズ・ビッカリーが1957年にニュージャージー州の映画館で映画の合間に「コカ・コーラを飲め」というキーワードを点滅させて、コーラの売り上げを伸ばしたと告白たことで、

サブリミナルという言葉が一般人の耳にも入ってくるようになった。

そう、実は密かにあなたの心も知らずのうちに操られているかも・・・!?

洗脳ともいえるサブリミナル・メッセージ、有名な例のいくつかを紹介しよう。

 

1. フードネットワークテレビ局の点滅画像

 スクリーンショット 2016-06-17 13.29.19

アメリカのテレビ番組「料理の鉄人」の2007年のシリーズ中にその24時間放送の料理チャンネルでサブリミナル広告を使った疑いがあると言われている。

シェフの対決中、画面上に一瞬マクドナルドのロゴが点滅していたというのだ。

インターネット調査機関が「人々の脳の深層部に影響を与えている」と非難したが、マクドナルドは新聞で「私たちはサブリミナル広告を使用していない」と否定した。さすが、否定がお家芸のマクドナルド。

緑色の鶏肉ミンチだって絶対使っていないんですから、ね。

さらにフードネットワークTV局は、その画像は技術上のミスだったと発表している。特定の会社のロゴ点滅させちゃうって、どんなミスだw

 

2. パーモリーブ社のシャワージェル

スクリーンショット 2016-06-17 14.25.01

雑誌に登場したパーモリーブ社のシャワージェルの広告は、セクシャルなイメージで読者の目を意図的に引きつけようとしていると言われている。

じっくりその写真を見てみると、シャワーを浴びる女性の前が膝を抱えているそのが、やたらゴツゴツして男っぽいことに気づくだろうか。女性の体の他の部分と比較すると違和感がハンパない

ていうか、セクシャルっていうより・・・なにそれ気持ち悪いw

 

3. KFC のハンバガーのCM

スクリーンショット 2016-06-17 14.44.25

ハンバーガーがクローズアップになっていくCM映像。そこに場違いなものが写り込んでいたら誰だって違和感を感じるものだ。

2008年にKFCがメニューに載せたハンバーガー写真のレタスの部分には、1ドル紙幣がちょこんとくっついている。KFCは2006年にもバッファローバーガーで似たようなことをやっている。

視聴者の目を短いCMに少しでも引き止めようというのが目的だったという。

それなら、ウォーリーを探せ!みたいに、もう少し分かりづらい場所に入れたらいいのに・・・。

 

4. ボードゲーム事件

スクリーンショット 2016-06-17 15.09.46

アメリカで1973年に放送されていた「ハスカー・ドゥ」というボードゲームのテレビCMで、

[Get it](買え)という文字が一瞬画面内に映し出された。

ゲームメーカのプレミアム社は社員がその画像を入れたことを認めている。

これはテレビ界で初のサブリミナル広告だと言われているが、その前からそういった手法は使われていたのかもしれない。つまり「ずっとやってたけど、初めてバレちゃった。テヘペロ!」ということかも。

 

5. オーストラリアの音楽授賞式

 スクリーンショット 2016-06-18 2.35.05

アリア・アワードはオーストラリアで毎年開かれる、音楽業界の最大の功績を讃える名誉ある賞だ。

ネットワーク10が放送した2007年度の授賞式でで、式の合間にはCM放送が入るのが普通だが、視聴者たちは、まさか人間の意識下に働きかけるようなイメージ映像を見せられるとは思いもしなかった。

それはトヨタなどのスポンサー企業10社の映像を点滅させたものだった。

歴史ある賞の授賞式でこのような洗脳まがいのことを行ったとしてテレビ局は激しく非難され、今後二度とそういった手法を行わないと約束した。

 

6.  政界のネズミ野郎

 スクリーンショット 2016-06-20 12.40.09

2000年、ジョージ・ブッシュの選挙陣営は国民に非難されテレビCMの放送を中止した。

これは大統領選挙用の政治CMでブッシュ陣営が製作したものだが、対立候補ゴア氏の顔の上が映ったとき、その顔の上に

【RATS】(ネズミ野郎!)

という文字が30分の1秒点滅するというものだった。

ブッシュ陣営は「文字を間違えた」と弁明した。

RATS(ネズミ)と何の単語を間違えたのか知りたいところだが・・・

本当はもっと汚い言葉と間違えたかったのかもしれない(笑)

 

7. マルボロが隠した暗号

スクリーンショット 2016-06-20 13.06.49

F1マシンにタバコの広告を載せることを、欧州公衆衛生委員会は禁止としている

マルボロ社がフェラーリのボディに描いたバーコードのデザインが、それがタバコ広告の禁止の目をかいくぐるため、時速200マイルで走行するとマルボロのタバコのパッケージがぼんやり見えるように設計されていると指摘された。親会社のフィリップ・モリス社は2010年にウォールストリート・ジャーナルで「意図したものではない。」と語り、フェラーリ社も同様に「サブリミナル効果などを狙った広告ではない」と否定したが、そのデザインは結果的に除去された。

 

おまけ

スクリーンショット 2016-06-20 14.39.37

これはCMではないが、興味深いので紹介しておこう。

ワーナー・ブラザーズのルーニートゥーンシリーズは第二次世界大戦中に放映されていたが、当時の国民感情から、多くが日本人を表現するキャラクターに敵対心を投影させていた。

そんな中、そのアニメは主人公ダフィーが銅像を左から右へ回転させようとしているシーンで、その銅像が持っている盾に「BUY BONDS 」(債権を買え)と書かれているのが一瞬読める細工をした。

現代のスローモーション再生技術で明らかになったが、1940年当時はそのような技術もなかったため、誰もこれに気づくことはなかった。

 

引用元 7 Sneaky Subliminal

\ SNSでシェアしよう! /

ナッパとごはんの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ナッパとごはんの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

この記事を読んでる人は『こんな記事』も読んでいます。

  • アニメ【シンプソンズ】に現れる数々の予言?!

  • 人工知能が人間を滅ぼそうとしている!? ロボットたちが描く未来図とは・・・

  • 9.11同時多発テロの真相はどこにあるのか 

  • 有名人たちの死にまつわる都市伝説と謎

  • 地球はホントに丸かった? 〜地球平面説は都市伝説か?〜

  • メルケル首相とメイ首相の秘密のサイン? 〜謎のひし形は何を意味するのか〜