手術中に意外なものが原因で大やけど!

 

スポンサーリンク


この記事を書いている人 - WRITER -

日本で起こったちょっと変わったニュースが海外メディアで取り上げられている。

 

東京医科歯科大学で子宮頸部の手術を受けていた30代の女性が、レーザーでの手術の最中に大やけどを負ったのだ。

 

その原因というのが・・・なんと、オナラ

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-01-22-55-56

手術中の女性がオナラをして、レーザーの熱に引火したというのだ。

 

女性は腰や脚など全身の広い範囲にひどい火傷を負ったという。

この事故は新宿区の病院で四月に起きたのだが、最近になって出火原因が特定されたということだ。

専門委員会はこの事故を検証し、報告書を発表。

手術中の室内に、他の可燃性物質が存在しなかったことから、彼女のオナラが原因と特定された。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-01-22-56-05

全身麻酔で眠っている状態でオナラをコントロールすることは出来ないし、医師もまさかレーザーに引火するとは思ってもいなかっただろう・・・・・。

 

 

引用元 METRO

この記事を書いている人 - WRITER -
 

Copyright© ナッパとごはん , 2016 All Rights Reserved.