宇宙、科学、オカルト、世界の『不思議』を探求するサイト

亀サーフィン写真で大炎上!!

まき
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
まき
ヨガインストラクター歴12年。スピリチュアルな世界から古代文明の謎にはまり、どうせなら仕事に!と思い、ライターをさせて頂けることになりました。みんなで不思議なオカルト話しましょ〜♪

 

ある男性がFacebookに投稿した写真がユーザーたちの怒りを買って大炎上中

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-03-17-05-51

写真はフレーザー島での旅行中に撮った一枚で、二人の男性が亀の背中の上に立ってサーフィンのポーズをとっているもので、『亀でサーフィン!ヒャッホー!』とキャプションが付けられていたのだ。

 

この写真が投稿されると、「亀がかわいそう!」と1万人以上のFacebookユーザーたちが次々にその写真をシェアして怒りの大炎上!

 

この残酷な行為が自然保護論者たちの激しい非難の的となっており、フレーザーコーストクロニクルによるとこの行為は罰金を科せられることもあるという。

 

英国動物虐待防止協会の広報担当者マイケル・ビーティ氏は、『この人たちは完全な馬鹿だ。こんなことをやる必要がどこにあったんでしょうか?相も変わらずこんな馬鹿なことをしてしかもそれをFacebookに投稿して・・・他のFacebookユーザーたちが、彼がどんなに馬鹿なのかを本人に教えてくれればいい。』と語った。

 

この二人が誰なのかを現在クイーンズランドパークと野生生物局が調査中で、特定されれば罰金が科せられることになる。

『この亀は写真を撮られた時に死んだと思われる証拠がいくつか上がっています。真剣にこの問題に取り組みさらに厳しく調査していくつもりです』とマイケル氏は付け加えた。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-03-17-06-08

インターネット上に投稿したものは世界中の人間に見られて、自分の投稿を削除しても一人歩きして世界中に広まってしまう。こんな馬鹿げた行動をインターネットに投稿することは、『わたしは大馬鹿ですよ』と世界中に宣伝しているようなものなのだ。

 

引用元 METRO

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
まき
ヨガインストラクター歴12年。スピリチュアルな世界から古代文明の謎にはまり、どうせなら仕事に!と思い、ライターをさせて頂けることになりました。みんなで不思議なオカルト話しましょ〜♪

 

スポンサーリンク


スポンサーリンク


Copyright© 都市伝説メディア「ナッパとごはん」 , 2016 All Rights Reserved.